帝松 社長の酒 吟醸酒

帝松 社長の酒 吟醸酒 精米歩合:60% アルコール度数15度 使用米:酒造好適米 日本酒度:+3.5 酸度:1.5

社長の酒の名前の由来は、当時鑑評会出品酒で蔵の社長しか飲むことができなかったことから。

適度に米の旨味と酸を感じる、どちらかと言うと昔風の酒です。

スッキリした飲み口の酒ですが、フルーティーな酒が好きな方に合わないかな。

燗にした方が旨味が膨らんで美味しく飲めるので、私は燗が好みです。燗にして、食中酒にオススメの酒です。

★★★

関連記事

  1. 帝松 蔵出し 純米生原酒

  2. 帝松 翠 純米 さけ武蔵

  3. 帝松 PREMIAM 赤盤雄町

  4. 帝松 緋 純米大吟醸原酒

  5. 帝松 秋あがり 純米 原酒

  6. 帝松 蒼 純米吟醸酒 玉苗

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。